1歳児が完食! 優しい味の七草粥。

0021

今日は朝から七草粥を作って食べました! 昔からこの味が大好きで、食べるとほっとするし温まるんですよね~♡

 

春の七草は、″せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ”の7つです。

実は7つとも言えるようになったのはつい最近で・・・娘が見ているEテレの「にほんごであそぼ」という番組で歌(?)のようなものを聞いて覚えました。笑

それまでは何が入っているとか気にせず食べてたなー。いい年してお恥ずかしい(._.)

七草粥を食べるのはいつ?なぜ食べるの?

七草粥は、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」の朝に食べるのが一般的です。

私は七草粥だから7日!と覚えています(*^^*)

 

今年1年の豊作と無病息災を願い食べるのだそうです。

あと、お正月の豪華な料理で疲れた胃腸を休めるためにとも言われていますね。

 

七草にはとても栄養があり、この時期多い風邪やインフルエンザ予防にも良いみたいです!

赤ちゃんや幼児が食べても大丈夫?

大丈夫です。 食べてくれるなら是非ご一緒に!

こういった季節の行事を大切にすることはとても素敵なことです(*^^*)

 

ただ七草は葉物なので独特な香りや青臭さ、苦みのあるものもあります。

お子さんの月齢にあった調理方法で、食べやすいように工夫してあげるといいですね。

  • 七草は離乳食や幼児食の段階に合わせて刻む
  • 鰹だしや昆布だし、白だしを加える
  • 卵を入れてまろやかにする
  • ささみや白魚をほぐして加える

などなど、出来ることは色々あると思います。

まとめ

無病息災や豊作を願い、お正月のご馳走モードもリセットし、体に嬉しい沢山の栄養を摂取できる・・・七草粥って優秀ですねー!!

つんには昆布だしと鰹の合わせだしで炊いたものを与えました。

最後に卵を入れようか迷ったのですが、試しにそのまま食べさせてみるとあっという間に完食してくれたのでびっくり!

そのうえ私が食べているお粥をくれくれとせがんできました。そんなに美味しかったのかな・・・?

 

そのままだと大人が食べるには塩気が足りなかったので、私は塩分たっぷりの梅干しを添えて美味しくいただきました♡

七草粥を食べると、お正月も終わったんだなーと実感できます。遅いかな。笑

 

今年1年、家族みんなが健康に過ごせますように!